成年年齢を引き下げること等を内容とする民法改正法が本年4月1日に施行されます

成年年齢を引き下げること等を内容とする民法改正法が本年4月1日に施行されます。

・18歳、19歳の若年者が親の同意を得ずに契約を結ぶことができるようになります。

・未成年者であることを理由として結んだ契約を取り消すことができなくなります。

これまでも、配慮はされてきたと存じますが、施行を間近に控えたこの機会に、貴社従業員の皆さまに対し、成年年齢引下げ後に成年となる若年者に対する適切な対応について呼びかけを行っていただきますよう、ご協力よろしくお願い申し上げます。
◆新たに成年に達した若年者との間で契約を締結するに当たっては、引き続き、若年者が契約の内容を的確に理解し、判断するために必要な説明を行うなどの配慮をお願いします。

◆動画・ポスター、リーフレットの電子媒体を併せてお送りしますので、貴社の従業員の皆さまへの周知にご活用ください。

以下のデータや動画は自由にご活用いただけます

■成年年齢引下げ特設ウェブサイト「大人への道しるべ」
https://seinen.go.jp

■動画「1分でわかる成年年齢引下げ」
https://www.youtube.com/watch?v=qmfpH8e7KQo

■成年年齢引下げに関するパンフレット
https://www.moj.go.jp/content/001300586.pdf

■成年年齢引下げに向けた高校生向けリーフレット「18歳を迎える君へ」
https://www.moj.go.jp/housei/shihouseido/houkyouiku_koukouseimukeleaflet.html

■「東京リベンジャーズ」とタイアップした政府広報キャンペーン
https://www.gov-online.go.jp/tokusyu/seinen_18/index.html

タイトルとURLをコピーしました