ご挨拶 2017-05-19T09:34:18+00:00

ご挨拶

 今年は世界・日本も政治・経済も激動の時代を迎え、ファッション業界においても消費動向も一変し、今までになく大転換期を迎えております。MFUにとっても平成29年4月からの新年度をスタートするにあたり、MFU新創業年度と位置づけ、今後10年先にも通用するような形をどのように作っていけるかどうかが非常に重要です。
 そして事務局員全員が現状の置かれている環境を充分理解したうえで、一人ひとりが意識の改革を持って取り組む為に、①スピード感、②行動力、③挑戦の3つをスローガンに掲げて実践いたします。
 さて、MFUでは平成28年度も様々な事業を行うことが出来ました。
 「父の日黄色いリボンキャンペーン」は、その中心的行事であるベスト・ファーザーイエローリボン賞において、家族、夫婦、親子の絆をもう一度見つめ直し、東日本大震災で不幸にして親を亡くされたお子様に対する支援や、平成28年熊本地震被災地への救援物資を熊本商工連合会より県内の各商工会を通じて被災地へ配布いたしました。
 「グッドエイジング委員会」では、前年に引き続き「第3回大阪グッドエイジャー賞」「第5回北海道グッドエイジャー賞」「第4回名古屋グッドエイジャー賞」「第7回福岡グッドエイジャー賞」を開催し、その集大成として「第14回グッドエイジャー賞」を品川プリンスホテルで開催しました。また日本のモノ作りを見直し再評価する「MFUマイスター認証」も実施しました。
 ベストデビュタント賞は13年目を迎え、受賞者によるミニライブやトークショーを開催しました、若いクリエイターを世に発信する事業は、非常に評価が高まりつつあります。
 3年前よりMFUが主催で開催する「いい夫婦パートナー オブ ザ イヤー」は、記者発表以外にも夫婦をテーマに協力団体と様々なイベントを共催し、どれも大変盛り上がりました。
 また、5回目を迎えた「渋谷ストリートベストドレッサー賞」を開催し、渋谷・原宿の二大ファッションエリアからカリスマモデル2名を選出し、大きな反響をいただきました。そしてMFUの代表的事業である「ベストドレッサー賞」は例年以上の盛り上がりを見せ、昨年も約2000名にお越しいただき、ご満足いただける内容であったと思います。また、ブルーローズキャンペーンの展開などは多くの方々の共感を得ることができました。
 セミナー事業はファッションマーケティング研究会を5回、分科会を1回開催し、セミナー終了後は懇親会で会員相互の交流を図る場を提供いたしました。
 MFUは今後も、このような時代だからこそ多くの皆様に夢と勇気と元気と希望を発信し、あらゆる人々に喜びとワクワク感を提供できるように運営して参りますので、どうか皆様のより一層のご理解とご協力を賜りますようお願い申し上げます。

一般社団法人日本メンズファッション協会
理事長 八木原 保